ENTRY

学展 | GAKUTEN | アート&デザインコンクール|FEATURES

MENU

FEATURES

  • 齊藤工(俳優・監督)アート作品がパリ ルーヴルに展示決定!
    NEWS 2018.11.20

    齊藤工(俳優・監督)アート作品がパリ ルーヴルに展示決定!

    2018年度のパリ・ルーブル展示は、学展ゲストアーティストとして、齊藤工さんをお迎えします。

    俳優のみならず、劇場体験の少ない子供たちや劇場のない地域、被災地を中心に、同じ空間で感動を共有する劇場体験を届けることを目的に活動している「cinéma bird(移動映画館)」や、初の長編映画作品『blank13』が7冠(第20回 上海国際映画祭 最優秀監督賞(アジア新人賞部門)含む)を達成するなど、クリエイターとしの才能を発揮しており、最近では白黒写真家としても活躍している齊藤工のアート作品が、パリのルーヴルに展示されることが決定しました。

  • のんがゲストとして参加『パリ・ルーヴル』初展示 “日仏友好”「学展」 x 「フランス国民美術協会」
    NEWS 2018.03.05

    のんがゲストとして参加『パリ・ルーヴル』初展示 “日仏友好”「学展」 x 「フランス国民美術協会」

    日本学生油絵会(学展)は、2017年12月7日(木)~10日(日)にパリ・ルーヴルで開催された『salon des beaux arts2017』に日仏友好を目的に初参加、展示を行ったことをご報告いたします。
    ゲストアーティストとして、女優ののんさんをはじめ、アーティストのヒロ杉山さん、昨年開催した「第67回学展」で大賞に輝いた中学生の宍戸琴美さんの作品が展示されました。

  • 2018年 第68回学展 新審査員の発表
    NEWS 2018.05.31

    2018年 第68回学展 新審査員の発表

    2018年 第68回学展 新審査員の発表

    ■大宮エリーさん
    (作家 演出家 画家)
    1975年大阪生まれ、東京大学薬学部卒業。広告代理店勤務を経て、日常を綴ったエッセイ集を書いて人気を博した。作家業の傍ら、ラジオのパーソナリティーや、テレビ番組の司会、舞台の作演出を手がけるなど、幅広く活動。十和田市現代美術館にて開催された個展「シンシアリー・ユアーズ 親愛なるあなたの大宮エリーより」では、美術館を越え十和田市内の商店街にも作品を展開し、大きな話題に。

    ■那須 太郎さん
    (TARO NASU代表・岡山芸術交流 2019総合ディレクター)
    1966年岡山市生まれ。
    早稲田大学卒業。天満屋美術部勤務を経て、1998年現代美術画廊TARO NASUを開廊。2014年に行われた「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT」ではアドバイザリーとして、作品の選定、展示などを手掛けた。2016年秋開催の「岡山芸術交流 2016」及び、2019年に開催予定の「岡山芸術交流 2019」の総合ディレクターを務める。

  • のん・ヒロ杉山・宍戸琴美 パリ・ルーヴル初展示に挑む
    NEWS 2017.12.02

    のん・ヒロ杉山・宍戸琴美 パリ・ルーヴル初展示に挑む

    学展は12月7日(木)~10日(日)パリ・ルーヴルにて『salon des beaux arts2017』に初参加、展示を行います。ゲストアーティストとして、エンライトメント代表のヒロ杉山さん、女優ののんさん、第67回学展大賞の宍戸琴美さんの作品が展示されます。

  • 【美術手帖】サイト掲載 老舗アートコンペ「学展」の受賞者が決定。大賞は中学3年生の宍戸琴美
    NEWS 2017.09.12

    【美術手帖】サイト掲載 老舗アートコンペ「学展」の受賞者が決定。大賞は中学3年生の宍戸琴美

    美樹手帖サイトにて第67回大賞受賞者の記事が掲載されました。