ENTRY

学展 | GAKUTEN | アート&デザインコンクール|

MENU

NEWS

2018/11/20
齊藤工(俳優・監督)アート作品がパリ・ルーヴルに展示決定!

2018年度のパリ・ルーブル展示は、学展ゲストアーティストとして、齊藤工さんをお迎えします。企画に関わる多くの関係者の方々に心より感謝致します。

俳優のみならず、劇場体験の少ない子供たちや劇場のない地域、被災地を中心に、同じ空間で感動を共有する劇場体験を届けることを目的に活動している「cinéma bird(移動映画館)」や、初の長編映画作品『blank13』が7冠(第20回 上海国際映画祭 最優秀監督賞(アジア新人賞部門)含む)を達成するなど、クリエイターとしの才能を発揮しており、最近では白黒写真家としても活躍している齊藤工のアート作品が、パリのルーヴルに展示されることが決定しました。
2018/08/31
【美術手帖】全国学生アートコンペ「学展」受賞者が決定。第68回大賞は高校1年生の片山開陽が受賞

【美術手帖】全国学生アートコンペ「学展」受賞者が決定。第68回大賞は高校1年生の片山開陽が受賞
2018/05/31
2018年 第68回学展 新審査員の発表

2018年 第68回学展 新審査員の発表

■大宮エリーさん
(作家 演出家 画家)
1975年大阪生まれ、東京大学薬学部卒業。広告代理店勤務を経て、日常を綴ったエッセイ集を書いて人気を博した。作家業の傍ら、ラジオのパーソナリティーや、テレビ番組の司会、舞台の作演出を手がけるなど、幅広く活動。十和田市現代美術館にて開催された個展「シンシアリー・ユアーズ 親愛なるあなたの大宮エリーより」では、美術館を越え十和田市内の商店街にも作品を展開し、大きな話題に。

■那須 太郎さん
(TARO NASU代表・岡山芸術交流 2019総合ディレクター)
1966年岡山市生まれ。
早稲田大学卒業。天満屋美術部勤務を経て、1998年現代美術画廊TARO NASUを開廊。2014年に行われた「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT」ではアドバイザリーとして、作品の選定、展示などを手掛けた。2016年秋開催の「岡山芸術交流 2016」及び、2019年に開催予定の「岡山芸術交流 2019」の総合ディレクターを務める。
2018/03/08
【美術手帖】のんがゲストとして参加『パリ・ルーヴル』初展示 “日仏友好”「学展」 x 「フランス国民美術協会」

日本学生油絵会(学展)は、2017年12月7日(木)~10日(日)にパリ・ルーヴルで開催された『salon des beaux arts2017』に日仏友好を目的に初参加、展示を行ったことをご報告いたします。
ゲストアーティストとして、女優ののんさんをはじめ、アーティストのヒロ杉山さん、昨年開催した「第67回学展」で大賞に輝いた中学生の宍戸琴美さんの作品が展示されました。
2017/12/02
のん・ヒロ杉山・宍戸琴美 パリ・ルーヴル初展示に挑む

学展は12月7日(木)~10日(日)パリ・ルーヴルにて『salon des beaux arts2017』に初参加、展示を行います。ゲストアーティストとして、エンライトメント代表のヒロ杉山さん、女優ののんさん、第67回学展大賞の宍戸琴美さんの作品が展示されます。
2017/09/12
【美術手帖】サイト掲載 老舗アートコンペ「学展」の受賞者が決定。大賞は中学3年生の宍戸琴美

2017/08/10
新宿クリエーターズ・フェスタ 学展特別展示開催中 8/10(木)-8/15(火)

新宿クリエーターズ・フェスタ 学展特別展示
ヒルトンホテル地下ギャラリーにて学展入賞者作品が展示されています。
沢山のご来場をお待ちしております。

場所:ヒルトン東京B1
日程:8/10(木)-8/15(火)
時間:11:00-19:00
※最終日は17時まで
2017/07/13
【美術手帖】第67回学展の応募締め切りが迫る

【美術手帖】受賞作品はルーヴル美術館で展示! 老舗アートコンペ「学展」の応募締め切りが迫る
2017/05/28
『beyond2020プログラム』 学展 認証のご報告

学展 beyond2020プログラム認証のご報告

『beyond2020プログラム』-日本文化の魅力を発信-
内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が運営しているbeyond2020プログラムにて学展の活動(日本文化の魅力を発信する、多様性・国際性に配慮した事業・活動 )が認証された事をご報告いたします。

今後もより一層日本文化の発信・国際交流に貢献していきたいと思います。
2016/09/13
【美術手帖】新旧を織り交ぜた独自の百鬼夜行 学展大賞受賞の水野幸司に聞く

2016/09/07
【美術手帖】「学展」が東京で開催、幼少から一般までの多彩な作品が集う

2016/08/22
目録訂正について

 目録で間違った表示を見つけた場合は8/26までに学展事務局までお知らせください。訂正版をお送り致します。
2016/08/16
-8月18日(木)表彰式後の懇談会についてご案内-

表彰式終了後に懇談会をシアター1010の11階にて開催致します。
学展出展者や指導者の方々はどなたでも参加できます。
審査員も参加致しますのでこの機会に是非ご来場下さい。
2016/07/22
【美術手帖】学生アート・デザイン展「学展」が作品募集 大賞にパリデビュー

2016/06/09
平成28年度 第66回 「学展」 の日程・応募規定が発表されました。

HOW TO APPLYよりご覧ください。
2016/05/13
平成28年度 第66回 「学展」 の日程・応募規定について

平成28年度 第66回 「学展」 の日程・応募規定はシステムリニューアルによりお時間がかかっておりますが、6月中に発表を予定しております。

Sending young artists to the world 若きアーティスト作品を世界へ

SCROLL
第68回 大賞インタビュー
第67回 大賞パリ展示
第67回 大賞インタビュー
第66回 大賞パリ展示

ART & DESIGN CONTEST 全国学生アート&デザインコンテスト

1950年、創始者の西田信一の手によって、
日本ではじめての学生油絵コンクールとして
はじまった学展。

以後、毎年欠かさず開催され続けています。
学生たちの思いがたくさんつまった
素晴らしい作品が毎年生まれ続けています。

さらに詳しく
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像
  • コンテスト画像

SPECIAL EXHIBITION 学展特別展示

特典1

EXHIBITION in PARIS フランス・パリのルーブルで展示!

学展大賞作品はフランス・パリで開催される
アート展「Salon des Beaux Arts 」
展示予定地は、パリ・ルーヴルになります。

GUEST ARTIST

2018年度のパリ・ルーブル展示は、
学展ゲストアーティストとして、
齊藤工さんをお迎えします。

コンテスト画像

齊藤 工(俳優・監督)

俳優のみならず、移動映画館プロジェクト「cinéma bird(http://cinemabird.com/)」や、初の長編映画作品「blank13」が7冠(第20回 上海国際映画祭 最優秀監督賞(アジア新人賞部門)含む)を達成するなど、クリエイターとしても精力的に活動。最近は、白黒写真家としての才能も注目が集まっている。

齊藤工さんのコメントと主な作品紹介

パリ・ルーブル展示に向けた本人コメント 私事ですが、今年は覆面・匿名でR-1グランプリに挑戦したり(1回戦落ち)吉本工業のNSCに通ったり(23期生)ストリートでコントのパフォーマンスをしたり(ほぼ無視)、私なりに恥をかき捨て新しい景色を見てきましたが、まさか年の終わりにこのような事になるなんて、1ミリも思い描いていませんでした。然し乍ら、どの表現も全力を尽くして来た所存なので、今回もそんな心持ちで臨ませて頂きました。私如きをルーヴル美術館と言う特別な場所に導いて下さった方々、作品作りにご協力頂いたKIKO ARAIさんに心から感謝致します。

白黒写真家としての主な作品
「活動寫眞館」(「フィガロジャポン」(CCCメディアハウス刊))にて掲載これまでの主な出演者:浅野忠信、江波杏子、クリストファー・ドイル、MOROHAなど【そのほかの活動】KinKi Kidsジャケット写真撮影、舞台チラシビジュアル、柄本佑等の宣材写真など

:活動寫眞館連載作品
(写真提供:FIGARO モデル:江波杏子)

コンテスト画像
『Salon des Beaux Arts』とは?
Société nationale des beaux-arts, SNBA は、150年を超える歴史を持つフランスの美術団体。1648年に設立された王立絵画彫刻アカデミーの流れをくみ、パリ万国博覧会を機にロダンらが現在に繋がる礎を築く。フランス五大美術団体のなかで特にフランス具象派の流れを忠実に守り続けてきた。このサロンは、フランス歴代大統領が後援する唯一の団体でもある。歴代の会員には、ドラクロワやマネ、ロダン、カミーユ・クローデル、そして藤田嗣治、黒田清輝、横山大観まで名を連ねています。
後援:
在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
学展の活動は、日仏友好 - フランスと日本の架け橋 - となる
国際文化交流事業として認証されています。

特典2

EXHIBITION in JAPAN 東京の2大都市での展示!

渋谷、新宿の2 大都市の
アートイベントにて出展されます。
詳細は各イベントのホームページにて
ご確認ください。

渋谷芸術祭

渋谷区後援のアートイベント。
毎年秋に渋谷駅周辺で開催

渋谷区後援のアートイベント。毎年秋に渋谷駅周辺で開催。
第68 回学展大賞作品は渋谷芸術祭にて展示を予定しています。
展示期間 10月22日(月)~ 11月4日(日)
渋谷芸術祭

新宿
クリエイターズ
フェスタ

新宿区主催のアートイベント

新宿区主催の夏の一大アートイベント。新宿クリエイターズ・フェスタの学展巡回展は新宿パークタワー・ギャラリーにて展示を予定しております。第68回学展入賞者作品は全て新宿クリエイターズ・フェスタへ出展される予定です。
展示期間 8月25日(土)~ 9月2日(日)
後援:beyond2020プログラム
学展・日本学生油絵会の活動( 日本文化の魅力を発信する、多様性・国際性に配慮した事業・活動) は、「beyond2020プログラム(※)」にて認証されています。
※内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が運営する、五輪へ日本文化の魅力を発信するプログラムのこと。

WORKS ARCHIVE 学展の作品

作品を見る

JUDGEMENT 審査員

赤木曠児郎
赤木曠児郎
SNBA名誉副会長 洋画家
岡山生まれ。パリ在住。ル・サロン展で、水彩、油彩の金賞2回受賞、終身無鑑査。フランス大統領賞、フランス学士院絵画賞受賞等。日本で旭日小綬章、紺綬褒章、外務大臣海外功労者表彰など表彰、2014年にフランス文化省芸術文化勲章シュバリエ受賞。他に1975年フランスモード産業振興の功労ジャーナリストとして「金のピン賞」も授与されている。ソシエテ・ナショナル・デ・ボザール(フランス国民美術協会)名誉副会長。
岩渕貞哉
岩渕貞哉
美術手帖 編集長
1975年生まれ。1999年慶応義塾大学経済学部卒業。2002年美術出版社『美術手帖』編集部に入社。2007年に同誌副編集長、2008年に編集長に就任。2012年7月より同社編集部部長を兼任。書籍・別冊に『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ ガイドブック』(2006)、『瀬戸内国際芸術祭ガイドブック』(2010)、『村上隆完全読本1992-2012 美術手帖全記録』(2012)など。
大宮エリー
大宮エリー
作家 演出家 画家
1975年大阪生まれ、東京大学薬学部卒業。広告代理店勤務を経て、日常を綴ったエッセイ集を書いて人気を博した。作家業の傍ら、ラジオのパーソナリティーや、テレビ番組の司会、舞台の作演出を手がけるなど、幅広く活動。十和田市現代美術館にて開催された個展「シンシアリー・ユアーズ 親愛なるあなたの大宮エリーより」では、美術館を越え十和田市内の商店街にも作品を展開し、大きな話題に。
千原徹也
千原徹也
株式会社れもんらいふ代表
アートディレクター
広告、装丁、ファッションブランディング、WEBなど、デザインするジャンルは様々。 主なアートディレクションに、スターバックス「Happy, Yellow, Frappuccino®」、森美術館「六本木クロッシング2013」、レスリーキー写真集、菊地凛子web、TAOweb、Zoff、きゃりーぱみゅぱみゅ振り袖、秋元梢本、装苑表紙、ジョンマスターオーガニック、他多数。
那須 太郎
那須 太郎
TARO NASU代表
岡山芸術交流 2019
総合ディレクター
1966年岡山市生まれ。早稲田大学卒業。天満屋美術部勤務を経て、1998年現代美術画廊TARO NASUを開廊。2014年に行われた「Imagineering OKAYAMA ART PROJECT」ではアドバイザリーとして、作品の選定、展示などを手掛けた。2016年秋開催の「岡山芸術交流 2016」及び、2019年に開催予定の「岡山芸術交流 2019」の総合ディレクターを務める。
ヒロ杉山
ヒロ杉山
Enlightenment代表
アーティスト
1962年生まれ。97年にアーティストユニット「Enlightenment(エンライトメント)」を設立し、世界中のアートシーンで活躍。国内外の展覧会でファインアート作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、広告や雑誌、CDジャケットなどでも独創的なグラフィックを発表し続けている。さらにPV制作やVJなどの映像分野での評価も非常に高く、ジャンルにとらわられず幅広い創作活動を展開している。
TOLOT

EXHIBITION INFO 学展主催 受賞作品展示

68th GAKUTEN

期間
2018年8月17日(金)-8月19日(日)
会場
11:00 - 18:00
  • ※退室は18:30までとなります。
開催地
TOLOT/heuristic SHINONOME
東京都江東区 東雲2丁目9−13
TEL.03-3458-5843
※駐車場スペースはございません。電車でのお越しをお願い致します。
学展は、多くの関連団体様より、ご協賛・ご協力をいただいております。
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本/beyound2020(運営:内閣官房東京オリンピック競技大会・パラリンピック競技大会推進本部事務局)/TOLOT/新宿クリエイターズフェスタ/渋谷芸術祭
  • 後援ロゴ
  • 後援ロゴ
  • 後援ロゴ
  • 後援ロゴ
  • 後援ロゴ