ENTRY募集締切 7/11(月)

72th GAKUTEN WINNER INTERVIEW

第72回 学展 受賞者インタビュー

8月21日(日)まで開催された第72回 学展作品展。今年も国内外から年間200万人以上が訪れる『国立新美術館』(東京・六本木)を会場に、多くの個性豊かな作品が展示された。上位受賞者のなかでも、特に新しい表現や試みに挑戦をした4名に、作品づくりへのこだわりや今後の意気込みをうかがった。

  • GAKUTEN芸術最優秀部門賞_安西隼飛

    GAKUTEN芸術最優秀部門賞

    安西隼飛

  • 入賞_山藤大地

    入賞

    山藤大地

  • 入賞_AMADEO SIMANJUNTAK

    入賞

    AMADEO SIMANJUNTAK

  • 青木昭夫審査員賞_豊田和万

    青木昭夫 審査員賞

    豊田和万

大学・専門部
GAKUTEN芸術最優秀部門賞

文星芸術大学 大学院

安西隼飛

安西隼飛さん
無貌

WORK TITLE

無貌

初めて学展に応募し、見事、最優秀部門賞を受賞した安西さん。普段は15x15cm程の作品を手掛けることが多いが、今回は約2ヶ月半の期間をかけて、約100x150cmの大きいサイズの作品制作に挑戦した。作品のテーマは「人間より上位の存在」「母胎」。好きなダークファンタジー系のゲームからインスピレーションを受けたそう。下書きは一切なし。画の流れや生物感を表現することを意識しながら緻密な点描で仕上げている。

  • GAKUTEN芸術最優秀部門賞_安西隼飛

    GAKUTEN芸術最優秀部門賞

    安西隼飛

  • 入賞_山藤大地

    入賞

    山藤大地

  • 入賞_AMADEO SIMANJUNTAK

    入賞

    AMADEO SIMANJUNTAK

  • 青木昭夫審査員賞_豊田和万

    青木昭夫 審査員賞

    豊田和万